自然災害に備える太陽光発電システム

東日本大震災の被害状況を映像で見たり、その後の復興がなかなか進まない事を報道で見聞きするにつれ、自然災害にある程度は自分で事前に対処する必要性を実感している人は多いでしょう。
ガスはカセットコンロである程度対応できますから、災害に備えて買い置きしておく事ができます。
水もボトルウォーターを買い置きしておく事ができますし、災害発生時に水の供給はかなり早い段階でリカバーされる事が東日本大震災のときに明らかになりました。
電気は貯めておく事が難しいですし、乾電池を買い置きしておいてもラジオや懐中電灯程度しか使い道がないでしょう。
大災害が発生した時には電気の復旧に時間がかかる事が明らかになったので、太陽光発電システムの設置に注目が集まっている状況です。
八尾市でも、経済的なメリットや地球の自然環境保護に加えて,自然災害発生時における電力のバックアップシステムとして有効である事が実証されている太陽光発電システムを設置されたご家庭が多いです。
これから設置されるご家庭も多いでしょう。