大阪での太陽光発電の導入

近年、地球温暖化が問題となっており、日本国内では国や自治体を上げて、その原因である温室効果ガスの排出規制に対しての政策を行っています。
また、住宅などの省エネルギー化も併せて求められています。
そこで、地球にやさしい発電方法としての太陽光発電が注目されています。
太陽光発電は、太陽の熱エネルギーを電力に変えるシステムで、石油や石炭などの有限な資源を使わず発電するためエコロジーです。
さらに、発電時に二酸化炭素を発生させないため、温室効果ガスの排出量削減に役に立ち、地球温暖化の防止にもつながります。
そこで、多くの家庭や企業に太陽光発電システムを普及させるため、大阪府や大阪市では、新たにシステムを設置する個人や法人を対象に補助金を支出しています。
また、府や市が所有する土地について、空き地を電力会社に提供することで、大規模な太陽光発電所を建設する計画も立てられています。
このように、大阪では太陽光発電が導入されつつあり、地球環境に優しい街づくりが行われています。