高槻市で太陽光発電が進んだなら

高槻市は、大阪の梅田や難波といった、いわゆる商業経済の中心都市からは少し離れたところに位置する街です。
どちらかというと大阪の商業経済の中心都市へ通うための、ベッドタウン的な役割の街と言っていいと思います。
そのため、商業施設もそれほど大規模なものはなく、たくさんの中から選びたいのであれば、大阪市内へ出て行かなくてはなりません。
けれど、逆に高槻市に住まいの拠点を置くことで、大阪市のメインとなる街で暮らすよりも、静かに暮らせるのは間違いなさそうです。
こういった都会のベッドタウンに位置する高槻市で、もっと太陽光発電の導入が進んでいけば、それは大阪の商業経済の中心地へいい影響をもたらすように思います。
ベッドタウンということで、各家庭で使われる電力が必要ということになりますが、これらを太陽光発電でまかなうことができれば、より多くの電力を商業経済のために使うことができます。
ベッドタウンとしての高槻市としても、家々に太陽光発電が導入されていれば、もしも災害が起こった時も太陽光発電で作った灯りをともすことができ、町が真っ暗になることを防ぐことができます。
人々が暮らす街が明かりを失わないことは、災害時にどれほど心強く感じられることでしょうか。
高槻市は大阪市の中心部からほど近いこともあって、いざというときは経済機能も負担しないといけないこともあるでしょう。
そんなとき、より多くの家庭に太陽光発電があるといいだろうと思います。